So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

福岡県町村会の裏金接待旅行「前副知事が要求」(読売新聞)

 福岡県町村会の裏金による県幹部接待疑惑で、詐欺容疑で再逮捕された元町村会事務局次長、田中剛佑被告(70)(詐欺罪で起訴)が「副知事から北海道に連れて行くよう要望されたので、旅行計画を立てた」と話していたことが、町村会関係者への取材でわかった。

 旅費は「視察費」として町村会の予算から支出されており、福岡県警は、中島孝之・前副知事(67)らの接待には、裏金だけでなく、正規の金も使われていたとみて解明を進めている。

 関係者によると、田中被告は「副知事が『北海道に行きたい』と言っている」として、自分や町村会業務課参事、天野敏哉被告(49)(同)が同行する旅行の許可を得ていた。

 旅行は、東京で毎夏開かれている町村会の研修会に合わせて企画された。研修会後、北海道のほか、東北、関東地方の観光地などへ行っていたという。

 町村会の職員である田中、天野両被告は「出張命令書」、中島前副知事には「出張依頼書」が作成され、旅費はすべて町村会側が負担していた。

 田中被告は旅行について「上司から副知事を慰労するよう指示されたため、招待した」と供述しているが、この上司は読売新聞の取材に対し、「自分はそんな指示はしてない」と話している。

消費増税、次期衆院選で問う=財務省改革、ポスト公募も−菅財務相(時事通信)
2型糖尿病に新規リスク遺伝子=アジアのやせ形患者に関与(時事通信)
<秋葉原無差別殺傷>弁護側、被告の責任能力争う方針(毎日新聞)
<山岳遭難>2番目に多い28人 年末年始(毎日新聞)
都教委が土曜授業を認める通知 「公開授業」条件に上限月2回(産経新聞)

<ドラム缶遺体>窃盗容疑の42歳 遺棄認める 大阪・阪南(毎日新聞)

 大阪府阪南市のガレージで昨年11月、ドラム缶の中から同府和泉市の夫婦の遺体が見つかった事件で、夫婦の腕時計などを盗んだとして窃盗容疑で逮捕された元建設作業員、鈴木勝明容疑者(42)=堺市西区=が「夫婦の遺体を車で運んだ」と死体遺棄を認める供述をしたことが、大阪府警への取材で分かった。府警は夫婦の死亡への関与についても調べる。

 捜査関係者によると、鈴木容疑者は最近になって「遺体を車で運んだ。ドラム缶はクレジットカードで、ホームセンターで買った」と認めたという。逮捕当初は「知人の指示で夫婦の乗用車を運転し、遺棄現場のガレージに止めた。遺体については知らない」と供述していた。

 事件は昨年11月25日、ガレージに放置されたドラム缶から、04年末に失跡した元会社経営、浅井建治さん(当時74歳)と妻きよさん(同73歳)の遺体が見つかった。ガレージには夫婦の乗用車も残されていた。【花牟礼紀仁】

【関連ニュース】
窃盗容疑:優勝馬の勝負服盗む 名古屋の男逮捕 滋賀県警
新型インフル:ワクチン80人分盗難 京都の病院
パスポート盗難:二十数冊 ビザ代行業者ずさん管理
窃盗:腕時計3億円盗まれる…壁に穴、銀座の貴金属店
窃盗:銀座の貴金属店の壁に穴 腕時計3億円相当盗まれる

とある看護師のブログ
警備員を極める!
食い倒れ二郎
かつとしのブログ
プロレス魂

<自民党>参院選目標定まらず「改選第1党」壁高く(毎日新聞)

 年が明けても自民党の参院選の目標が定まらない。24日の党大会で採択する今年の運動方針案では「改選第1党」を打ち出す構えだが、ハードルは高い。それを見越したかのように、谷垣禎一総裁や大島理森幹事長は具体的な数字への言及を慎重に避けている。参院選比例代表の「70歳定年制」問題も尾を引きそうな気配で、なかなか反転攻勢に踏み出せないのが実情だ。

 年末年始に4人が離党したため、自民党の現有議席は78(改選42、非改選36)。民主党は非改選議席が62あり「発射台」が違うため、次期参院選で自民党が改選・非改選の合計で民主党を上回るのは厳しい情勢だ。改選第1党はいわば次善の目標だが、これを達成するにも50議席台が必要になる。自民党は「小泉旋風」が吹き荒れた01年こそ64議席を獲得したものの、その後は49議席(04年)、37議席(07年)と減り続けており、党勢が低迷する中、「50」は簡単な目標ではない。

 候補者擁立作業も遅れ気味だ。大島氏は12日の党役員連絡会で「党大会までに選挙区は30人ほど紹介できる」と説明したが、現在公認が12人の比例代表候補については「さらに追加し、努力して紹介したい」と述べるにとどめた。

 こうした中、田野瀬良太郎総務会長は11日、奈良県の会合で「少なくとも現有議席を確保しなければいけない」と述べ、執行部として初めて目標に言及した。ただ、現状維持では改選第1党に届かないばかりか、政権奪還への弾みもつかない。田野瀬氏は谷垣氏の側近だけに、「谷垣降ろし」にいち早く予防線を張ったとの見方も出ている。【坂口裕彦】

【関連ニュース】
公明:「参院選後、民主党と連携検討も」山口代表
参院選:元群馬県知事、小寺氏が出馬へ…民主比例代表
参院選:私鉄総連が乗り換え 民主党候補の必勝誓う
参院選:民主・輿石氏が出馬表明 山梨選挙区で
みんなの党:10人を擁立へ…参院選

障子破り
g88dutxtの日記ブログ管理ツール
クレジットカード現金化
債務整理
クレジットカード現金化 比較

桜井茶臼山古墳 発掘成果紹介の速報展始まる(毎日新聞)

 国内最多の銅鏡が確認された奈良県桜井市の桜井茶臼山古墳(3世紀末〜4世紀初め)の発掘成果を紹介する速報展「再発掘 桜井茶臼山古墳の成果」が13日、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所付属博物館で始まった。三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)など銅鏡78枚の破片のほか、水銀朱で赤く染まった石室の石など18点が展示され、考古学ファンが熱心に見入っていた。

 卑弥呼(ひみこ)が中国・魏から鏡をもらったとされる「正始元年」(240年)の銘文の一部が入った銅鏡片も並べられた。神奈川県秦野市の主婦、吉川和子さん(62)は「鏡を卑弥呼が使ったかもしれないと思うとロマンを感じる」と興奮気味に話した。

 31日まで。月曜と19日は休館。入館料は大人400円、高校・大学生300円、小中学生200円。【高島博之】

【関連ニュース】
桜井茶臼山古墳:副葬銅鏡が81枚に 卑弥呼時代のものも
平城遷都1300年祭:開幕イベント 奈良県内4会場で
平城宮:ごみ焼却跡見つかる 「そのまま埋設」定説覆す
堂ノ後古墳:国内最古でなかった 築造時期が判明
高松塚古墳:発掘直後、36年前撮影のカラー8ミリ発見

s3k6ecqdのブログ
まさゆきのブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
モバイル ホームページ
クレジットカード現金化 比較

<消費者ホットライン>全国運用始まる 共通番号で被害相談(毎日新聞)

 全国共通番号で消費者被害の相談に応じる「消費者ホットライン」の全国運用が12日午前始まった。番号は0570・064・370(「守ろうよ・みんなを」の語呂合わせ)で土日も利用できる。

 ホットラインを通じて東京都内の消費者からの相談の一部が転送される東京都消費生活総合センター(新宿区)では午前9時から受け付けを開始。ヘッドセットなどを装着した相談員26人態勢で相談に応じた。

 内閣府の調査では、消費者事故などの被害者の3割超がどこにも相談していない。同センターの各務豊相談課長は「地域の相談窓口を知ってもらいやすくなる。相談せずに泣き寝入りする人が減るようにしたい」と話した。【山田泰蔵】

終わりなき旅
ウミネコ侍
競馬情報
カードでお金
アフィリエイト ホームページ

<岡田外相>ハワイに到着 13日未明に米国務長官と会談(毎日新聞)

 【ホノルル野口武則】岡田克也外相は11日午前(日本時間12日早朝)、クリントン米国務長官との会談のためハワイに到着した。

 11日午後(日本時間12日午前)、真珠湾近くの米太平洋軍司令部と米太平洋艦隊を訪問。第二次世界大戦や朝鮮戦争、ベトナム戦争などの戦没者が埋葬される国立太平洋記念墓地(パンチボール)にも立ち寄る。

 岡田氏は12日午前(日本時間13日未明)の日米外相会談で、日米安保条約改定50周年に合わせた同盟深化の政府間協議を始め、今後の協議で取りあげる具体的なテーマなども話し合いたい考えだ。安保改定50周年を記念して19日に日米両政府が発表する声明についても協議する。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、5月に結論を先送りした経緯を直接説明するが、米側は現行計画を堅持する立場は変えないとみられ、実質的な進展は望めない状況だ。

【関連ニュース】
日米外相:12日にハワイで会談 同盟深化を協議
日米外相会談:11日ハワイで 両政府が調整
日米外相:週明け会談で調整 普天間移設先送りの経緯説明
岡田外相:アフガンの治安維持で協力 トルコ外相と確認
岡田外相:普天間移設先は辺野古も選択肢

ひさのりのブログ
ひでおのブログ
クレジットカード現金化
無料ホームページ
債務整理・自己破産

【人・街・声】御徒町 笹本繁宏さん(87) たばこ店主が写した思い出 (産経新聞)

 今年開校106年を迎える下町・上野の台東区立黒門小学校。戦争前に建てられたレトロな校舎に443冊の写真アルバムが保管されている。中身は昭和から平成にかけての14年間、入学式や運動会などで子供たちの姿を生き生きと写した約3万枚。カメラマンは専門の業者ではなく、近所のたばこ店主だった。(徳光一輝)

                   ◇

 ≪学校生活の記録(S54年度より)笹本繁宏氏の寄贈によるアルバム≫

 昭和5年に建てられた校舎3階にある板張りの会議室。木製の大きな本棚にこう張り紙が出ていた。ガラス戸を開けたら「セキセイポケットアルバム」がぎっしり。最初は昭和54年の「大運動会」で、最後は平成4年の入学式。背表紙に丸っこい字体で「こいのぼり集会」「七夕集会」「日光林間学園」「学芸会」「日曜授業参観」「もちつき集会」…と行事名が記され、整然と並んでいた。

 443冊にサービス判のカラー写真が72枚ずつ収めてあり、単純計算で3万1896枚。「すごい数ですね」と話す現在の副校長、石田隆さん(46)によると、平成4年以降はずっと業者を雇っている。

 石田さんは「アマチュアの方に頼むのは珍しい。今のご時世だと『なぜプロでない人が撮っているの? 目的は何ですか?』という話になってしまう」。

                   ◇

 黒門小から東へ400メートル余り。JR御徒町駅南口にある「笹本たばこ店」のレジ前にカメラマンは立っていた。昭和33年創業。扱うたばこは500種類。壁一面にカートンが黒門小のアルバム同様、整然と並ぶ。

 白い頭髪と白いヤギひげを同じ長さだけ生やした店主は「ずっと前にササモトさんの子供3人がみんな黒門小を卒業しているんだ。その縁で卒業式の写真を頼まれて、『写真のおじさん』ということでやったんだよ」。自分で自分をササモトさんと呼んだ。

 「子供たちも偏って写しちゃいけない。特定の子ばかり写していると、ほかの子がかわいそうだからね。それで枚数が増えた。修学旅行や林間学校も泊まりがけで同行して、先生たちの反省会にも出ていました」

 大正11年、仲御徒町生まれ。昭和17年に早大法学部を繰り上げ卒業して日本鋼管(現JFEスチール)に入社した。19年4月、鈴本演芸場の寄席から帰宅したら赤紙が届いていた。敗戦でシベリア抑留2年半。帰還後に復職し、55歳の定年まで勤め上げた。

                   ◇

 カメラを始めたのは旧制中学時代。戦後はアマチュア団体の名門「プレザントクラブ」に37年間参加した。カメラ誌のグラビアを飾り、定年前年の51年には東京の風景を写し撮った個展「写版東京図会(ずえ)」を銀座ニコンサロンで開いた。

 定年後、母と妻が営んでいたたばこ店に専念していたとき、黒門小の「写真のおじさん」を頼まれた。

 昨年8月からは店番の合間、素足にサンダル履きでカメラをぶら下げ、山手線に乗って東京の街を写して歩いている。行きたい街をメモ用紙にリストアップし、ひと駅ずつ降りて回る。タイトルは「平成写版東京図会」。

 33年ぶりの東京の風景は「子供が少なくなったね。昔は道路が遊び場だった」。

 かつてカメラに収めた黒門っ子たちも三十路、四十路。

 「街を歩いていると、時々顔を合わせるよ。みんな大きくなったなあ」

Fredのブログ
けんいちのブログ
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化

【2×××年 夢袋】「クルマ」編 未来の移動はどんなカタチで(産経新聞)

 かつて、どこにでも好きなところへ行ける自動車そのものは夢の乗り物だった。しかし、普及が進んで移動や運搬のための道具となり、自動車にあこがれ、スタイルや速さを求める時代は過ぎ去った。地球温暖化が叫ばれ、資源の有限性も指摘される中で少子高齢化も進む。道路環境の整備にも限界がある。未来のクルマは、どんなカタチとなって私たちの前に現れるのか。(太田浩信)

                   ◇

 ≪空を飛ぶ≫

 自動車と同じカタチや機能を考えれば、その延長にあるのは何か。「クルマはそろそろ空を飛ぶでしょうね」と話すのは、三菱総合研究所主席研究員の奥田章順さん。自動車として近くの飛行場へ行き、そこから空へ舞い上がって空のハイウエーを疾走する−そんな未来像だ。

 「世界中で開発が進められ、調べたら空を飛ぶ自動車は軍事用を含めて20くらいのプロジェクトがあった。何十年か先にはみんなが自由に空を飛び回っているかもしれない」(奥田さん)

 国内でも宇宙航空研究開発機構(JAXA)が将来型垂直離着陸機「クラスターファンVTOL」の研究技術を使い、空飛ぶクルマ「フライングカー」を提案する。車体前部に搭載した8台、後部の16台のファンで推力を得て、垂直、水平に飛ぶ仕組みだ。道路上では電気自動車として走り、近くの離着陸場から飛び立つ。建物などとの衝突防止や飛行ルートの設定は、未来の自動管制システムで行われる仕組みを想定する。

 ≪個人を運ぶクルマ≫

 また、エネルギー消費の面から考えると、1人乗りの移動機械である「パーソナルモビリティ」が有力な未来像だ。家族や友人同士などの移動は公共交通機関や自動車、1人の移動はパーソナルモビリティ、とすみ分ける。アメリカのセグウエイが知られるが、国内でも自動車メーカー各社がロボット技術などを応用して研究に取り組む。

 昨年9月に発表されたホンダの「U3−X」は、現在考えられる最小の“クルマ”といえる。全高65センチ、全長15センチの車体はラジカセを縦にしたみたいで、とても移動機械とは思えない。二足歩行ロボット「ASIMO」の研究で得たバランス制御技術と、前後に加え横や斜めへの動きも可能にした「全方位駆動車輪機構」を備え、重さは10キロ以下と持ち運びも簡単だ。

 スイッチを入れると、U3−Xはセンサーが働いて自立する。シートに腰を下ろし、進みたい方向に重心を傾けると走り出す。最高時速は6キロと早足ぐらいで、一輪車とは思えない安定感が特徴だ。

 足の間に収まる大きさだから人込みにもスーッと入っていける。近距離無線通信を利用して荷物を載せて移動者の後をついていくことも想定し、電車のように複数台をつなげての利用も可能。スピードを上げてスケートボードのようにスポーツとして楽しむこともできるという。

 「純粋にモビリティ研究の中で生まれたもの。市販は考えていない」と同社広報部の前原英人さん。しかし、都市郊外の居住者の高齢化が進んで通勤通学客は減り、路線バスは採算を理由に運行本数を減らし、交通難民ともいえる人たちが増加する。こうした社会の到来を考えると、U3−Xが示す移動のカタチは「未来の車」に対する答えの一つだろう。

                   ◇

 長引く不況の中、迎えた新しい年。「今年こそは夢のある生活を」と願うが、現実は…。そんな暗い話を吹き飛ばすため、身の回りにあるモノの“未来の夢”を追った。

d54478anのブログ
せいきちのブログ
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化
携帯ホームページ

<雑記帳>ベンガルトラのユパ、寂しい年明け 宇都宮動物園(毎日新聞)

 宇都宮動物園(宇都宮市)のベンガルトラ、ユパ(雌、19歳)には寂しい年明けになった。昨年5月、長年連れ添った雄トラのアッサムが皮膚がんで死んでしまったのだ。

 毎朝起きると、アッサムがいたおりの入り口でうなり続け、ユパはすっかりやせてしまったという。飼育担当の深沢謙二さん(28)がこまめに話し掛けるなどスキンシップを重ね、今は食欲も回復しつつある。

 人間なら還暦に当たるユパ。深沢さんは「えとの今年、健康に過ごして」と見守るが、60歳はまだまだ若い。新しい恋に虎(トラ)イしてはいかが。【中村藍】

【関連ニュース】
雑記帳:寅年こそ嫁取り 大分の三つ子ベンガルトラ
雑記帳:トラと一緒に記念撮影 香川の動物園で人気
WWFジャパンとトラフィックが都内でシンポジウムを開催
釧路市動物園:「タイガ」死ぬ 障害抱えたアムールトラ
アムールトラ:えとにちなんで人気−−富士サファリパーク /静岡

かずひこのブログ
まつぼっくり
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化
ネイルサロン

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。