So-net無料ブログ作成

「極刑に」 大阪・梅田のひきずりひき逃げ事件公判で遺族陳述(産経新聞)

 大阪市北区梅田の交差点で平成20年10月、会社員の鈴木源太郎さん=当時(30)=を車ではね、約3キロ引きずって死亡させたとして、殺人と自動車運転過失傷害、道交法違反(ひき逃げ、無免許)の罪に問われた元ホスト、吉田圭吾被告(24)の第6回公判が20日、大阪地裁(遠藤邦彦裁判長)で開かれた。鈴木さんの妻と弟が意見陳述し、涙ながらに「極刑にしてほしい」と訴えた。

 妻は鈴木さんについて「子供好きで誰からも慕われ、自分よりも相手を優先する人」と話し、「私は主人と長男の会話と笑顔を見るのが一番の幸せだったが、もう見られない。笑顔の主人がどんな顔で死んだか、想像できますか」と訴えた。

 また、事故の2カ月後に出産した長女が生後2週間で死亡し、自分を責め続けていることを告白。「主人の命を奪われ、通夜や葬儀と休む暇がなかったことが長女の死に結びついた」と述べ、吉田被告に対して「あなたは主人と長女の2人を殺したも同然。また被害者が出るのではと危惧(きぐ)する」と話した。

 また、弟は「被告は検察官の質問に『覚えていない』と言い、逃げているとしか思えない。できるなら(鈴木さんと)同じ目以上のことをやりかえしてやりたい」と述べた。

【関連記事】
車3キロ引きずり死で被告、「人として最低」改めて謝罪
車3キロ引きずり元ホスト、殺意を否定 初公判でメモ読み謝罪
大阪の3キロ引きずり事件 3月2日に初公判
【衝撃事件の核心】祖父が語る大阪ひき逃げ犯、「覚悟」がない男の無軌道人生とは
「死ぬとわかっていた」逮捕の元とび職のホスト 大阪のひき逃げ

和子牛競り、搬入車に消毒剤…但馬牛産地でも(読売新聞)
裁判長らが現地視察=諫早湾干拓開門訴訟―長崎地裁(時事通信)
一体誰がいつのまに…「こち亀」麗子像が真っ直ぐに(産経新聞)
北朝鮮追加制裁、送金など監視強化検討(読売新聞)
日病が新執行部披露パーティー(医療介護CBニュース)

普天間、政府案決定先送りも=基本閣僚委開催に社・国反対(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先決定の前提となる与党党首クラスの基本政策閣僚委員会が月内に開かれず、県内移設を軸とする政府案自体が決められなくなる可能性が出てきた。社民党が12日までに閣僚委の開催に反対する方針を決め、国民新党も同日、平野博文官房長官に開催を当面見送るよう要請したためだ。
 政府は普天間問題の「5月決着」を事実上断念したものの、月内に同委で与党の了承を得た上で、政府案を正式決定する段取りを描いていた。しかし、与党の同意は得られず、鳩山由紀夫首相は一段と厳しい状況に追い込まれそうだ。
 社民党は「今のまま閣僚委が開かれれば政府案に反対し、連立政権から離脱せざるを得なくなる」(幹部)と判断。11日夜には福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)も出席して拡大三役会議を開き、同委に先立って民主党の小沢一郎幹事長を交えた政党間協議を行うよう求めることを決めた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜

<市民後見人>支援・養成の自治体7% 取り組みに差(毎日新聞)
9割黒字に「儲けすぎ」批判 空港ビル会社厳しい局面に(J-CASTニュース)
年金制度改革に意欲=舛添氏(時事通信)
【ゆうゆうLife】診療報酬 22年度改定 ドキシルが入院で使えない!?(産経新聞)
ログハウス がん手術2度乗り越え、夢実現へ 愛知の男性(毎日新聞)

雑記帳 サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)

 サクランボ産地の秋田県湯沢市三関地区で、4戸の果樹農家がプレゼント用に高級品種「佐藤錦」などの鉢植えを栽培。赤い実をつけ、9日の母の日を前に出荷に追われている。

 ビニールハウス内で接ぎ木から育て、人工授粉させて実らせた。今年は天候不順で実の数は少なめだが、2鉢の花を互いに授粉させれば翌年も実がつくという。

 きっかけはグループ代表の藤山政弘さん(55)が母に贈って喜ばれたこと。800円からで、観賞はもちろん食べてもおいしい。母への感謝をかわいらしい姿と甘酸っぱい味に託しては? 藤山さん(090・3368・1465)。【佐藤正伸】

【関連ニュース】
勝喜梅:高級梅干しと花をセットに “娘目線”の母の日限定商品を発売
母の日:「お母さんに花を」 百貨店などの生花コーナー、子どもたち品定め /三重
トルコギキョウ:もうすぐ母の日 出荷始まる−−串本 /和歌山
カーネーションフェア:母の日前に即売−−道の駅「村田」 /宮城
梅酒:東久留米産の梅100%使用 来月1日発売 /東京

新型インフル1年 麻痺した発熱外来、住民の不安を裁ききれず(産経新聞)
小沢氏、不気味な沈黙 党内反対勢力と“全面対決”も(産経新聞)
将棋 封じ手は「4四銀」 名人戦第3局(毎日新聞)
2歳男児はねられ死亡 滋賀・甲賀市(産経新聞)
対米関係「大局的に協力できる」 志位・共産委員長が本紙と単独会見(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。