So-net無料ブログ作成

<偽装献金>判決は20分弱 使途解明はされないまま終了(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の「政治とカネ」を巡る事件で政治資金規正法違反に問われた元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)を有罪とした東京地裁の判決公判は、残された多くの謎に一切答えることなく20分足らずで終わった。母安子氏(87)からの資金提供は虚偽記載と認定された4億円余をはるかに超える12億4500万円に上るにもかかわらず、詳細な経緯や使途は未解明のまま。首相の不起訴処分の是非を判断する検察審査会の議決が注目される。【伊藤直孝、杉本修作、青木純】

 鳩山首相は22日の衆院本会議で、検察に任意提出した資料の国会提出を求められたが、「弁護士と相談し、プライベートな部分は必ずしも公表する必要はないと考えている」と述べ、21日の党首討論と同様に否定的な考えを示した。

 以前は「すべてが終わってから書類の返還を(検察に)求め、そこで皆様方に見ていただきたいと考えている」(3月3日の参院予算委員会)と述べていた。

 このため自民党の新藤義孝氏は「どうしてそんなに発言がぶれるのか」と追及。首相は「資料は返還後、自らの資金管理の抜本的改革を目的に弁護士に分析、検証してもらう」とし、「資料は検察がすべて調べ、その上で処分を下したと理解している」と「後ろ向き」の理由を語った。

 事件では▽母安子氏からの資金提供が始まった詳細な経緯▽それに対する首相の認識▽その資金の使途−−などに関心が集まったが勝場被告の初公判は2時間弱で異例のスピード結審。被告人質問での言及もなかった。

 鳩山首相は、勝場被告が在宅起訴された09年12月24日の会見で「プライベートな経費についても勝場被告が一手に処理を引き受けてくれた」と説明。母からの資金提供は「天地神明に誓って全く知らなかった」(1月21日、衆院予算委)と繰り返しつつ、判決後に検察から資料返還を受けて国会で説明する意向を表明していた。

 しかし、判決を翌日に控えた21日。公明党の山口那津男代表との党首討論で一転して資料提出を拒み、勝場被告の証人喚問などにも「昨年6月に解雇してから一切連絡を取っていない。国会でお決めいただきたい」と述べ、幕引きする姿勢をにじませていた。

【関連ニュース】
偽装献金:鳩山首相元公設秘書に有罪 東京地裁判決
偽装献金:ずさん「首相マネー」 実母の12億円は闇
偽装献金:鳩山首相「責任感じる」 自民「使途の説明を」
偽装献金:首相元秘書、起訴内容認める 禁固2年を求刑
友政懇偽装献金:首相元秘書、即日結審へ

「概算要求で個別提言できれば望ましい」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)
園田氏「郵政民営化は守る」(産経新聞)
「陸山会」事件で民主、検察審査会の判断注視(読売新聞)
地域政党 「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)
企業のGW休暇、平均5.4日=昨年よりわずかに短め−厚労省調査(時事通信)

高崎自然動物園 名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)

 大分市の高崎山自然動物園で17日、今年最初のニホンザルの赤ちゃん「クロマグロ」(雌)が生まれた。スタッフは「元気に育って子供を産んでね」と目を細めている。

 第1号の赤ちゃんには、その年ゆかりの名を付ける。今年は3月のワシントン条約締約国会議で議題となったクロマグロ禁輸案否決から取った。昨年は野球のWBCにちなんだ「レンパ」。

 5子を育てた母親「ピアス」(推定16歳)から離れまいと、しがみつくクロマグロ。スタッフが紹介すると、来園客は盛んにシャッターを切り、注目度はクロマグロ並みだが、ちと呼びにくい?【佐野優】

【関連ニュース】
クロマグロ:全遺伝情報を初めて解読 日本の研究機関など
クロマグロ:保護と消費の両立課題に…禁輸否決
クロマグロ:禁輸案否決が確定へ EU修正案提出せず
クロマグロ:「資源管理に取り組む」赤松農相
クロマグロ:「よかった」禁輸否決に首相

井上ひさしさん密葬 「残念」「遺志継ぐ」(産経新聞)
歩道橋事故、元副署長を強制起訴へ=検察官役、制度導入後初−神戸(時事通信)
「被爆桜」咲いた 滋賀・彦根の小学校、植樹の卒業生訪問(産経新聞)
「漱石の思い出」を紹介 新宿区(産経新聞)
決起せよ、団塊政治家(産経新聞)

都心で41年ぶりの遅い雪 千葉では記録更新(産経新聞)

 強い寒気の影響で17日、東京都心をはじめ、関東甲信地方の各地で降雪が観測された。気象庁によると、東京や横浜、甲府、宇都宮、前橋、埼玉県の熊谷は昭和44年にも4月17日に雪が降っており、41年ぶりに過去、最も遅い降雪記録に並んだ。千葉は昭和63年の4月8日に降ったのがシーズンの最も遅い降雪日で、記録を更新した。

 山間部を中心に積雪がみられたほか、平野部でも雪が降った。17日午前8時現在の積雪量は、山梨県の河口湖で13センチ、宇都宮で1センチ。東京は大手町で午前5時半ごろにみぞれが降り、午前6時40分ごろには、気温が1・4度まで下がった。

 この雪の影響で、一部の交通機関にも乱れが出た。首都高速では、午前2時6分から5号線の板橋本町−さいたま見沼間の約26キロが上下線で一時通行止め。午前9時現在でも戸田南−さいたま見沼間で通行止めとなっている。

 群馬県みなかみ町の上越新幹線上毛高原駅では、積雪でポイントが故障。同新幹線は一時運転を見合わせ、上下4本が運休、16本に最大で100分の遅れが出るなど、約9800人に影響が出た。

 関東甲信地方の雪は朝の段階で峠を越したが、気象庁は積雪や路面凍結による交通事故や、農作物の管理に注意を呼びかけている。

【関連記事】
積雪でポイント故障、上越新幹線最大100分遅れ
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪
思わぬ春の寒波、恵みの雪にスキー場再開検討 桜の名所は困惑
仙台、サポーターと一致団結雪かき!
結局「暖冬」…でも「大雪」 気象庁が今冬の天候まとめ
外国人地方参政権問題に一石

元阪神・掛布さんの自宅、競売開始を決定(読売新聞)
橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」(読売新聞)
【なぜわが子を傷つけるのか】(1)鬼を見るかのような… 息子の目、恐怖と哀願(産経新聞)
岡部氏出馬で一気に激戦区 誰が生き残る 参院選大阪選挙区(産経新聞)
宇宙滞在1日延長=山崎さんシャトル(時事通信)

土門拳賞 鈴木龍一郎氏に表彰状など贈られる(毎日新聞)

 第29回土門拳賞の授賞式が8日、東京都千代田区の学士会館で行われ、受賞者の写真家、鈴木龍一郎氏(67)に、毎日新聞社の長谷川篤・取締役コンテンツ事業本部長から表彰状と記念ブロンズ像「少女」(彫刻家・佐藤忠良氏制作)と賞金が贈られた。

 受賞作は「RyUlysses リュリシーズ」(平凡社)。小説「ユリシーズ」(アイルランドの作家ジェームズ・ジョイス著)の舞台であるダブリンの街の息遣いを、パノラマカメラで精密に再現したことが評価された。

 式には故土門拳氏の長女で山形県酒田市の土門拳記念館館長、池田真魚さんら約100人が出席し、鈴木氏は「大学時代に初めて買った写真集が土門氏の著書だったので、今回の受賞は感慨深い。最近改めて写真の面白さ、奥深さに気づかされた。明日からも倦(う)まずに撮ろうと思う」と喜びを述べた。

 受賞記念写真展は、東京・銀座ニコンサロン(4月28日〜5月11日、日曜・祝日休館)、大阪ニコンサロン(6月3〜16日、水曜休館)、土門拳記念館(7月28日〜9月28日)で開かれる。

首相動静(4月9日)(時事通信)
<民主党>特別会計の検証開始 5月に提言へ(毎日新聞)
海洋堂が原型「せんとくんフィギュア」平城遷都1300年(産経新聞)
民主執行部は体制刷新を=事実上の小沢氏辞任要求−岐阜県連(時事通信)
平沼・与謝野新党は最悪のコンビ 共産・市田氏(産経新聞)

ランドセルしょって、ペンギンお散歩(読売新聞)

 松江フォーゲルパーク(松江市大垣町)のペンギン5匹が、職員が作った「ランドセル」を背負って園内を散歩し、愛嬌(あいきょう)を振りまいている。

 18日まで。

 今まで、クリスマスにはサンタクロース風、お正月にはしめ縄、年明けには今年の干支(えと)のトラ柄ファッションを身にまとってきた。今回は新入学の時期とあって、4羽が<ピカピカの1年生>風に名前入りのランドセルを背負い、子ペンギンの「まさひろ」は黄色の幼稚園バッグを肩にかけて、よちよち歩き。

 春休みを利用して両親と訪れた山口県宇部市の小3蝶野大翔(ひろと)君(8)は「小さなランドセルを背負い、歩く姿がかわいい」と話した。

 散歩ショーは開館日の午前10時30分と午後2時の2回行われる。

韓国人ホステスに偽装結婚あっせん 44歳男を逮捕 (産経新聞)
重度障害者 脳波で意思表示 産総研が開発(毎日新聞)
深夜、川に飛び込みか 救助の男性死亡 大阪・淀川区(産経新聞)
<北沢防衛相>自衛隊機を民間転用 検討会発足へ(毎日新聞)
首相、普天間移設案の期限は「なおさら正しい判断」(産経新聞)

中曽根元首相「外務省から密約の説明受けた」(読売新聞)

 中曽根元首相は30日夜、NHKの番組で、日米の核持ち込みの「密約」について、首相在職中に説明を受けていたことを認めた。

 中曽根氏は「私が質問して外務省が説明したと思う」と述べ、外務省幹部は「文書はないけれども、慣行で、お互いに信頼関係でやっている」と説明したという。

 外務省が9日に公開した関連文書では、欄外に歴代首相らに説明を行った日付が記され、中曽根氏にも1983年に説明したと書かれていた。中曽根氏は「(米艦船は)おそらく(核を)持っているだろうと想像していた。(密約は)大局的見地で政治の知恵だ」と述べた。

「しごと館」を宇宙ミュージアムに=松本零士さんが首相に要望(時事通信)
公明、参院選で他党推薦せず…非公式協力は容認(読売新聞)
小中学校で休暇分散化を実証=過ごし方の変化調べる−観光庁(時事通信)
<若林議員辞職>「なぜ押したのか」 首ひねる閣僚たち(毎日新聞)
別のわいせつ行為で再逮捕へ、教え子暴行の米国人(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。