So-net無料ブログ作成

福岡県町村会の裏金接待旅行「前副知事が要求」(読売新聞)

 福岡県町村会の裏金による県幹部接待疑惑で、詐欺容疑で再逮捕された元町村会事務局次長、田中剛佑被告(70)(詐欺罪で起訴)が「副知事から北海道に連れて行くよう要望されたので、旅行計画を立てた」と話していたことが、町村会関係者への取材でわかった。

 旅費は「視察費」として町村会の予算から支出されており、福岡県警は、中島孝之・前副知事(67)らの接待には、裏金だけでなく、正規の金も使われていたとみて解明を進めている。

 関係者によると、田中被告は「副知事が『北海道に行きたい』と言っている」として、自分や町村会業務課参事、天野敏哉被告(49)(同)が同行する旅行の許可を得ていた。

 旅行は、東京で毎夏開かれている町村会の研修会に合わせて企画された。研修会後、北海道のほか、東北、関東地方の観光地などへ行っていたという。

 町村会の職員である田中、天野両被告は「出張命令書」、中島前副知事には「出張依頼書」が作成され、旅費はすべて町村会側が負担していた。

 田中被告は旅行について「上司から副知事を慰労するよう指示されたため、招待した」と供述しているが、この上司は読売新聞の取材に対し、「自分はそんな指示はしてない」と話している。

消費増税、次期衆院選で問う=財務省改革、ポスト公募も−菅財務相(時事通信)
2型糖尿病に新規リスク遺伝子=アジアのやせ形患者に関与(時事通信)
<秋葉原無差別殺傷>弁護側、被告の責任能力争う方針(毎日新聞)
<山岳遭難>2番目に多い28人 年末年始(毎日新聞)
都教委が土曜授業を認める通知 「公開授業」条件に上限月2回(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。