So-net無料ブログ作成
検索選択

「極刑に」 大阪・梅田のひきずりひき逃げ事件公判で遺族陳述(産経新聞)

 大阪市北区梅田の交差点で平成20年10月、会社員の鈴木源太郎さん=当時(30)=を車ではね、約3キロ引きずって死亡させたとして、殺人と自動車運転過失傷害、道交法違反(ひき逃げ、無免許)の罪に問われた元ホスト、吉田圭吾被告(24)の第6回公判が20日、大阪地裁(遠藤邦彦裁判長)で開かれた。鈴木さんの妻と弟が意見陳述し、涙ながらに「極刑にしてほしい」と訴えた。

 妻は鈴木さんについて「子供好きで誰からも慕われ、自分よりも相手を優先する人」と話し、「私は主人と長男の会話と笑顔を見るのが一番の幸せだったが、もう見られない。笑顔の主人がどんな顔で死んだか、想像できますか」と訴えた。

 また、事故の2カ月後に出産した長女が生後2週間で死亡し、自分を責め続けていることを告白。「主人の命を奪われ、通夜葬儀と休む暇がなかったことが長女の死に結びついた」と述べ、吉田被告に対して「あなたは主人と長女の2人を殺したも同然。また被害者が出るのではと危惧(きぐ)する」と話した。

 また、弟は「被告は検察官の質問に『覚えていない』と言い、逃げているとしか思えない。できるなら(鈴木さんと)同じ目以上のことをやりかえしてやりたい」と述べた。

【関連記事】
車3キロ引きずり死で被告、「人として最低」改めて謝罪
車3キロ引きずり元ホスト、殺意を否定 初公判でメモ読み謝罪
大阪の3キロ引きずり事件 3月2日に初公判
【衝撃事件の核心】祖父が語る大阪ひき逃げ犯、「覚悟」がない男の無軌道人生とは
「死ぬとわかっていた」逮捕の元とび職のホスト 大阪のひき逃げ

和子牛競り、搬入車に消毒剤…但馬牛産地でも(読売新聞)
裁判長らが現地視察=諫早湾干拓開門訴訟―長崎地裁(時事通信)
一体誰がいつのまに…「こち亀」麗子像が真っ直ぐに(産経新聞)
北朝鮮追加制裁、送金など監視強化検討(読売新聞)
日病が新執行部披露パーティー(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。