So-net無料ブログ作成

都心で41年ぶりの遅い雪 千葉では記録更新(産経新聞)

 強い寒気の影響で17日、東京都心をはじめ、関東甲信地方の各地で降雪が観測された。気象庁によると、東京や横浜、甲府、宇都宮、前橋、埼玉県の熊谷は昭和44年にも4月17日に雪が降っており、41年ぶりに過去、最も遅い降雪記録に並んだ。千葉は昭和63年の4月8日に降ったのがシーズンの最も遅い降雪日で、記録を更新した。

 山間部を中心に積雪がみられたほか、平野部でも雪が降った。17日午前8時現在の積雪量は、山梨県の河口湖で13センチ、宇都宮で1センチ。東京は大手町で午前5時半ごろにみぞれが降り、午前6時40分ごろには、気温が1・4度まで下がった。

 この雪の影響で、一部の交通機関にも乱れが出た。首都高速では、午前2時6分から5号線の板橋本町−さいたま見沼間の約26キロが上下線で一時通行止め。午前9時現在でも戸田南−さいたま見沼間で通行止めとなっている。

 群馬県みなかみ町の上越新幹線上毛高原駅では、積雪でポイントが故障。同新幹線は一時運転を見合わせ、上下4本が運休、16本に最大で100分の遅れが出るなど、約9800人に影響が出た。

 関東甲信地方の雪は朝の段階で峠を越したが、気象庁は積雪や路面凍結による交通事故や、農作物の管理に注意を呼びかけている。

【関連記事】
積雪でポイント故障、上越新幹線最大100分遅れ
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪
思わぬ春の寒波、恵みの雪にスキー場再開検討 桜の名所は困惑
仙台、サポーターと一致団結雪かき!
結局「暖冬」…でも「大雪」 気象庁が今冬の天候まとめ
外国人地方参政権問題に一石

元阪神・掛布さんの自宅、競売開始を決定(読売新聞)
橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」(読売新聞)
【なぜわが子を傷つけるのか】(1)鬼を見るかのような… 息子の目、恐怖と哀願(産経新聞)
岡部氏出馬で一気に激戦区 誰が生き残る 参院選大阪選挙区(産経新聞)
宇宙滞在1日延長=山崎さんシャトル(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。