So-net無料ブログ作成

5日から「さっぽろ雪まつり」 雪と氷の幻想的な世界広がる(産経新聞)

 雪と氷の祭典「第61回さっぽろ雪まつり」が5日から、札幌市内の3会場で始まる。4日までに大小計249基の雪と氷の像が完成し、市中心部の大通公園には、アニメ「ちびまる子ちゃん」の大雪像や、北海道の大自然を背景にスキーやスノーボードをする姿を表現した大氷像が登場した。

 同日夜には像をライトアップする試験点灯が行われ、大通公園は光と氷雪の幻想的な世界に包まれた。

 2月に入り札幌市内は最高気温が氷点下の厳しい寒さが続いている。大通会場8丁目の大雪像の制作を担当した陸上自衛隊第18普通科連隊の村田謙二1等陸曹(48)は「1月の雨で作業日程が遅れ、ここ数日、朝9時から深夜12時までの作業が続いた。4日は徹夜で朝8時半までの作業だった。今年のできばえは最高。ぜひ多くの人に見に来てもらいたい」と話す。

 期間は11日まで。国内外から200万人以上の観光客が見込まれている。

【関連記事】
雪まつり開催に向け雪を会場に運び入れ 札幌
「雪まつりどうなる」北海道知事が日航破綻の影響を懸念
「米雑誌の写真に類似」雪まつりポスター取り消す
雪と炎、幻想世界 十日町雪まつり
雪まつり208万人が来場 8万人減、景気悪化影響か

GSK、日本市場で高成長(医療介護CBニュース)
<鳥取不審死>矢部さんの事件も強盗殺人容疑での立件へ(毎日新聞)
<天皇陛下>葉山での静養中止 のどの痛みや腹痛の症状(毎日新聞)
<脳細胞>「ひげ」右回り 左右の脳の機能分担生じる原因か(毎日新聞)
小沢幹事長、嫌疑不十分で不起訴…陸山会問題(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。